_

最近高い頻度で見る夢があって、それがよくわからない。本当によくわからない。


その夢はまず、私がとある町の大通り沿いにあるラーメン屋でテイクアウトを頼むところから始まる。


店員から「食器は返してくださいね」という注意と共にラーメンを乗せたお盆を差し出される。


テイクアウトで頼んだのに、店内で食べる場合と何も変わらない様相のラーメンである。


店を後にし「さてどこで食べようか」などと私は呑気に考え歩く。


ふらりと大通りから脇道に入ると、そこはなだらかな丘陵になっていて、丘を下っていく道中にラーメン系のチェーン店を見つける(日高屋だったり王将だったり天一だったりその時々で変わる)。


何を思ったか私は「チェーン店なら他店のラーメンを持ち込み食べてもそ知らぬ顔でやり過ごせるのでは」と、しれっと入店着席し持ってきたラーメンを食べる。


正直バレやしないかとヒヤヒヤである。凄い緊張感。


焦りつつ何とか完食。これほど楽しめずにラーメンを食すことある?


隣の席に座っていたサラリーマン風のオッサンが会計に立ったタイミングで、オッサンの連れだったかのような雰囲気を出し上手く退店。


「やった!今日もバレなかった!」爽快な達成感である。後ろから聞こえるありがとうございましたの声が心地よい。だが、この夢は毎回ここからが大変なのだ。


丘陵を下って来たのだから帰りは登り坂。それはわかる。わかるのだが。


なんと地上全体で得体の知れない大規模な工事が始まっており、夢の始まりであるラーメン屋へ戻るには20メートル間隔程に建てられた無数のヤグラと、そのヤグラ同士を繋いである見るからに不安定な吊り橋を渡って行く必要があるのだ!


更に困ったことに、吊り橋はヤグラの中腹にくっついているので、橋を渡り切るごとにヤグラの梯子を登って、降りて、また次の吊り橋を渡る仕組みである。


しかも毎回不可解なことに、お盆に乗ったラーメンの器にはいつもスープが残っている。何故か私はそれを捨てないしこぼすことも許されないという意識で運んで行く。


そうして毎回死ぬほど集中し、努力し、泥まみれになりながら店に食器を返しに行く。


やっとの思いで返却すると「本当に返してくれたんですね、別によかったのに」と困ったように優しく微笑む店員。


遠のいて行く意識の中で思う「ここまで頑張った意味よ…」という徒労感。


ここで夢は終わる。


起きた後私に残るのは「一体何を見せられたんだ…」という気持のみである。


50回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

_

子供の頃から私の育った家では水餃子を作り食べる習慣がある。 ふと、思う。 両親は鹿児島出身だが、鹿児島が餃子で有名という話を聞いたことはない。 もしやと思う理由はあった。十年程前に他界した祖母の存在である。 彼女は中国にかつて存在していた"満洲"に渡った日本人家庭に生まれ育った人であった。 ここまで考えた上で両親に尋ねてみると、果たしてその通りなのであった。 祖母が中国で暮らしていた頃、やはり家族

_

大好きだった友人が死んだ。 「mさん、死んじゃった」 仕事帰りの井の頭線。 白昼の車内で知らせを聞いた。 ぷつんと何かが途切れ、何も考えられなかった。吐き気がした。 次の駅で降りて、ホームで知らせてくれた友人に電話をかける。 声が死を告げる。 「本当なんだ」 次第に現実に変わっていく。 たまに流れる駅のアナウンスが無性にうるさく感じて、スピーカーを叩き壊してやろうかと思った。 明日会って話そうよ。

_

昔から集団というものが苦手だ。いや、苦手というより怖い。 人と接するときも、私とあなたという二人きりの関係が一番気楽だ。 常々人と人とが完全に理解し合えることはありえないと思っている。 人種が同じ、国が同じ、住んでいる町が同じ、家族、友人、恋人…どんな関係性や類似点を持とうと共有、共感できるものの振れ幅の重なりが変化するだけで、他者同士が完全な同一になることはありえない。 だから自分と全く相容れな