_

自らの欲望を見極め、常に何か目標や願いを設定して生きてきた。

そういうふうにしないと動けないようになっている。目標を設定しそれをクリアしていくことは「前進している」という実感を得やすいからだ。

写真でもそれは同じで、自分が表現したいものを完璧に表現する。賞を取る。多くの人の目に留まる仕事をする。

このように目標を設定し、それをクリアすることに力を注いできた。


そうやって今までやってきて、ある程度叶えてきたはずなのに何も心が満たされていないのは何故なんだろう。自分の手の内に何かつかめているような感覚がまるでない。

自分は何を獲得したのだろう。 本当に何かを得て、成し遂げて、残せて来たのだろうか。


写真をやっている理由を考える。

昔から周囲とずれている人間だった。

誰と接していてもあまりうまくいかない。家族にすら自分のことを上手く話せない。周囲との軋轢ばかり感じていた。

そういう断絶の中で、写真は自分の眼差しや世界をそのまま外に提示し共有できるから好きになったのだと思う。


今まで生きて来て好きになった人が何人もいる。

人との出会いが自分の気持ちを揺さぶり、感動を呼び起こし、糧になっていた。

他者とわかり合いたい。理解したい、してもらいたい。感覚を共有したい。

誰かを求める気持ちが自分の全ての根源みたいなものだった。

なのに、生きてきた時間の中で多くの大切な人との繋がりを無くしてしまった。

今ではその喪失感が自分を動かす糧になっているのがとても悲しい。

21回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

_

子供の頃から私の育った家では水餃子を作り食べる習慣がある。 ふと、思う。 両親は鹿児島出身だが、鹿児島が餃子で有名という話を聞いたことはない。 もしやと思う理由はあった。十年程前に他界した祖母の存在である。 彼女は中国にかつて存在していた"満洲"に渡った日本人家庭に生まれ育った人であった。 ここまで考えた上で両親に尋ねてみると、果たしてその通りなのであった。 祖母が中国で暮らしていた頃、やはり家族

_

最近高い頻度で見る夢があって、それがよくわからない。本当によくわからない。 その夢はまず、私がとある町の大通り沿いにあるラーメン屋でテイクアウトを頼むところから始まる。 店員から「食器は返してくださいね」という注意と共にラーメンを乗せたお盆を差し出される。 テイクアウトで頼んだのに、店内で食べる場合と何も変わらない様相のラーメンである。 店を後にし「さてどこで食べようか」などと私は呑気に考え歩く。

_

大好きだった友人が死んだ。 「mさん、死んじゃった」 仕事帰りの井の頭線。 白昼の車内で知らせを聞いた。 ぷつんと何かが途切れ、何も考えられなかった。吐き気がした。 次の駅で降りて、ホームで知らせてくれた友人に電話をかける。 声が死を告げる。 「本当なんだ」 次第に現実に変わっていく。 たまに流れる駅のアナウンスが無性にうるさく感じて、スピーカーを叩き壊してやろうかと思った。 明日会って話そうよ。