_

最終更新: 2020年6月26日

年始から吉祥寺に住んでいる。


中野は好きだったけれど暮らすには合わず、1年も経たずに引越しとなってしまった。

もう些末な事で嫌な思いはしたくないと馴染み深い吉祥寺の街を選んだ。


吉祥寺に初めて来たのは高校一年生の頃だった。当時好きだった人が住んでいた。


来てすぐにこの街を好きになって、今はだいぶつまらなくなったけれどそれでも居心地のいい場所であり続けている。

そもそも生活するのに本当に便利な街だ。

電車に乗る機会が激減した。よそに行かないで殆どのことを済ませられる。


写真に関しては、正直あまり上手く行っていない。


「今日になる」から「うつろ」先の第14回1_WALLでファイナリストに選出された「月で会いましょう」に至るまで、自己や世界(または社会、他者)と真剣に向き合いがむしゃらに制作してきたが、結果もう自分には何も残っていないのではと酷く落胆している。


燃料を使い果たしてしまった様だ。


ただ、やってきたことは手元に残っている。いまは写真で仕事をするという目標を持って去年の暮れから雑誌出版社等に営業を始めた。


まだその方向の結果は出ていないけれど、挑戦することがあるのは楽しく、また幸せなことだなと思う。

それに、近頃やっと自分のなかにまた表現欲求が芽生えつつある。

今までよりかなり遅いペースになってしまいそうだが、徐々に新しい作品をつくり始められそうだ。


人生はつづいていく。僕は死ぬ勇気もないし、写真を諦めることもできない。


自分を奮い立たせて歩いていく。

26回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

_

子供の頃から私の育った家では水餃子を作り食べる習慣がある。 ふと、思う。 両親は鹿児島出身だが、鹿児島が餃子で有名という話を聞いたことはない。 もしやと思う理由はあった。十年程前に他界した祖母の存在である。 彼女は中国にかつて存在していた"満洲"に渡った日本人家庭に生まれ育った人であった。 ここまで考えた上で両親に尋ねてみると、果たしてその通りなのであった。 祖母が中国で暮らしていた頃、やはり家族

_

最近高い頻度で見る夢があって、それがよくわからない。本当によくわからない。 その夢はまず、私がとある町の大通り沿いにあるラーメン屋でテイクアウトを頼むところから始まる。 店員から「食器は返してくださいね」という注意と共にラーメンを乗せたお盆を差し出される。 テイクアウトで頼んだのに、店内で食べる場合と何も変わらない様相のラーメンである。 店を後にし「さてどこで食べようか」などと私は呑気に考え歩く。

_

大好きだった友人が死んだ。 「mさん、死んじゃった」 仕事帰りの井の頭線。 白昼の車内で知らせを聞いた。 ぷつんと何かが途切れ、何も考えられなかった。吐き気がした。 次の駅で降りて、ホームで知らせてくれた友人に電話をかける。 声が死を告げる。 「本当なんだ」 次第に現実に変わっていく。 たまに流れる駅のアナウンスが無性にうるさく感じて、スピーカーを叩き壊してやろうかと思った。 明日会って話そうよ。