_

中野に引越した。もう1ヶ月程経つ。

家具の多くを捨ててきてしまったので収納がなく、部屋にはまだ荷物が入った引越しのダンボールが散らばっている。


新居は10階建の10階だ。ベランダは無いが壁一面の大きな窓がある。日当たりがよく眺めも良い。窓から顔を出すと左に新宿のビル群が見える。


中野駅からはちょっと歩くが、新宿が近い。寝具と衣類、本、パソコン、カメラ。僅かに荷解きした最低限の物に囲まれて生活している。


取りこぼした2単位のために社会的な肩書はまだ大学生だ。週に一度の通学と、時々バイトをし、そして時々友人たちと遊ぶ。


それ以外は部屋から出ずぼんやり煙草を吸いながら外を眺めている。17時の鐘を聞いて、ああ今日も終わる、嫌だなと少し思う。


夜になると、少し音楽や映画をみて眠る。時々誰かが家に訪ねて来たりしてくれて、その時はちょっと楽しい。


写真は変わらず撮っている。こんな生活のせいか最近撮る写真が気だるい。もともと明るくはないけれど。


もっと熱心に制作に没頭したい。早く皆に見せたい。

13回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

_

子供の頃から私の育った家では水餃子を作り食べる習慣がある。 ふと、思う。 両親は鹿児島出身だが、鹿児島が餃子で有名という話を聞いたことはない。 もしやと思う理由はあった。十年程前に他界した祖母の存在である。 彼女は中国にかつて存在していた"満洲"に渡った日本人家庭に生まれ育った人であった。 ここまで考えた上で両親に尋ねてみると、果たしてその通りなのであった。 祖母が中国で暮らしていた頃、やはり家族

_

最近高い頻度で見る夢があって、それがよくわからない。本当によくわからない。 その夢はまず、私がとある町の大通り沿いにあるラーメン屋でテイクアウトを頼むところから始まる。 店員から「食器は返してくださいね」という注意と共にラーメンを乗せたお盆を差し出される。 テイクアウトで頼んだのに、店内で食べる場合と何も変わらない様相のラーメンである。 店を後にし「さてどこで食べようか」などと私は呑気に考え歩く。

_

大好きだった友人が死んだ。 「mさん、死んじゃった」 仕事帰りの井の頭線。 白昼の車内で知らせを聞いた。 ぷつんと何かが途切れ、何も考えられなかった。吐き気がした。 次の駅で降りて、ホームで知らせてくれた友人に電話をかける。 声が死を告げる。 「本当なんだ」 次第に現実に変わっていく。 たまに流れる駅のアナウンスが無性にうるさく感じて、スピーカーを叩き壊してやろうかと思った。 明日会って話そうよ。