_

最終更新: 2020年6月26日

2年前くらいからずっと同じ町の継続夢を見ている。


見るたび「またこの町の夢か」と思う。


その町は見渡す限り団地しかなくて、ただ現実と違うのは脈絡なく大小様々な棟が乱立していることだ。


毎回その町の中心に2つ建っている、一際目立つ巨大な建物に行き何かしらの怖いもしくはスリルのある体験をする。


怖いけど、この夢はビジュアルが面白いから見られると嬉しい。


今日はいきなり団地の屋上から始まって、降りようとエレベーターを探したら8割くらい屋上の床にめり込んでいて乗れなかった。


途方に暮れていたが、屋上の隅に土になっている部分を見つけて「ここからなら降りられるのでは」と必死で掘ったらスルメイカが出てきた。


スルメイカを片手に、先端だけのエレベーターを眺めながらずっと屋上で過ごした。

15回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

_

子供の頃から私の育った家では水餃子を作り食べる習慣がある。 ふと、思う。 両親は鹿児島出身だが、鹿児島が餃子で有名という話を聞いたことはない。 もしやと思う理由はあった。十年程前に他界した祖母の存在である。 彼女は中国にかつて存在していた"満洲"に渡った日本人家庭に生まれ育った人であった。 ここまで考えた上で両親に尋ねてみると、果たしてその通りなのであった。 祖母が中国で暮らしていた頃、やはり家族

_

最近高い頻度で見る夢があって、それがよくわからない。本当によくわからない。 その夢はまず、私がとある町の大通り沿いにあるラーメン屋でテイクアウトを頼むところから始まる。 店員から「食器は返してくださいね」という注意と共にラーメンを乗せたお盆を差し出される。 テイクアウトで頼んだのに、店内で食べる場合と何も変わらない様相のラーメンである。 店を後にし「さてどこで食べようか」などと私は呑気に考え歩く。

_

大好きだった友人が死んだ。 「mさん、死んじゃった」 仕事帰りの井の頭線。 白昼の車内で知らせを聞いた。 ぷつんと何かが途切れ、何も考えられなかった。吐き気がした。 次の駅で降りて、ホームで知らせてくれた友人に電話をかける。 声が死を告げる。 「本当なんだ」 次第に現実に変わっていく。 たまに流れる駅のアナウンスが無性にうるさく感じて、スピーカーを叩き壊してやろうかと思った。 明日会って話そうよ。