_

最終更新: 2020年6月26日

先日写真集を出した。その写真集「うつろ」について、記録を兼ねて書き残しておこうと思う。


作品の内容は、平たく言うと自分自身と同世代の人達が持っている(かもしれない)価値観について。



私は自分が生まれたこの時代が嫌いなわけでも、日々の不遇を誰かのせいにするつもりもない。


ただ、何事にも確信を持てないし常に何か不信感のようなものを抱えていて、自分と世界の関係に実感や強度が伴わないうつろさを感じていた。


疎外感や喪失感、諦観のようなものかもしれない。そして自分はそれを埋めるために写真を撮っている。


既存のものや世界に信仰を持てないのであれば、自分だけの信仰を作ればいい。もしくはそれを求め続ける姿勢を持っていたい。

というようなことを表現した作品。

先述した世代観についてというのも重要だけど、何より自分がなぜ写真を撮るのかについて深く考えた作品なので多くの人に見てもらいたい。それが写真集にしようと思った大きな要因だった。

自分や自分とよく似た人のために、そしてどこかのまだ出会ったことのない人のために。

今まで、例えば学生時代にZINEのようなものは幾つか作成したことがあったが、今回は本当にしっかりとした世間に出回っている本と謙遜ないような質の物を作りたかった。


後ろ盾や人気があるわけでもない自分が色んな書店に置いてもらうのは大変だった。メールや電話、直接で向いて営業し、販売してもらうのは本当に疲れた。あー疲れた。

労力もお金もたくさん使ってしまったけれどしょうがない。完売しても大赤字。

そんなもんだ。

手にとった人が少しでも気に入るものに仕上がっていれば幸いです。

19回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

_

子供の頃から私の育った家では水餃子を作り食べる習慣がある。 ふと、思う。 両親は鹿児島出身だが、鹿児島が餃子で有名という話を聞いたことはない。 もしやと思う理由はあった。十年程前に他界した祖母の存在である。 彼女は中国にかつて存在していた"満洲"に渡った日本人家庭に生まれ育った人であった。 ここまで考えた上で両親に尋ねてみると、果たしてその通りなのであった。 祖母が中国で暮らしていた頃、やはり家族

_

最近高い頻度で見る夢があって、それがよくわからない。本当によくわからない。 その夢はまず、私がとある町の大通り沿いにあるラーメン屋でテイクアウトを頼むところから始まる。 店員から「食器は返してくださいね」という注意と共にラーメンを乗せたお盆を差し出される。 テイクアウトで頼んだのに、店内で食べる場合と何も変わらない様相のラーメンである。 店を後にし「さてどこで食べようか」などと私は呑気に考え歩く。

_

大好きだった友人が死んだ。 「mさん、死んじゃった」 仕事帰りの井の頭線。 白昼の車内で知らせを聞いた。 ぷつんと何かが途切れ、何も考えられなかった。吐き気がした。 次の駅で降りて、ホームで知らせてくれた友人に電話をかける。 声が死を告げる。 「本当なんだ」 次第に現実に変わっていく。 たまに流れる駅のアナウンスが無性にうるさく感じて、スピーカーを叩き壊してやろうかと思った。 明日会って話そうよ。